最 新 ・ メッセージ

やっぱりシングルス              (2018/02/21 15:29)

こんにちは!貴男です。

約一週間ほどで3月になりますが、まだまだ寒さは続く感じの東京です。今週は、京都チャレンジャーの本戦が行われていますが、土曜日からは、日吉にある慶應大学のキャンパスにて慶應チャレンジャーの予選が始まります。京都チャレンジャーはインドアコートですが、慶應チャレンジャーは外での大会なので、寒さが残っていると選手はもちろんのこと観客の方々も辛いので、少しでも暖かくなることを願っています。

本来であれば土曜日からの予選にサインに行く予定でしたが、右肘の関節内に炎症があり、ここで無理をすると春先のフューチャーズ全てに影響が出るので、ここは我慢です。肘さえ問題なければ亜細亜フューチャーズへの出場も視野に入れていましたが、もう一週間ほど遅らせて早稲田フューチャーズから出場する方向にしています。よく年齢や体力的な部分でダブルスの方が楽でプレーしやすいでしょと言われていますが、僕は、シングルスの方が戦いやすいと思っています。

もちろんその考え方の中には、ダブルスよりもシングルスの方が好きで面白く、やっぱりテニスは1対1でしょという考え方があるからだと思います。2回に1回のサーブよりも4回に1回のサーブの方が打つ回数は少ないし、ダブルスコートを二人で守る方が楽に見られるかもしれないけど、自分が打たないボール(自分でコントロール出来ないボール)に対して動いてポジションをしたり、より機敏な動きを連続するダブルスの方が今の僕にはきついです。

逆にシングルスの方がベースラインとネットプレーのバランスをコントロールしやすいし、相手が一人なのでシングルスというゲームの中での駆け引きが楽しく、試合の後半になってある意味で体力的にきつくなるからこそ面白さが増すと思っています。ということで余程のことがない限り今後の大会でダブルスに出場することはなく、シングルスのみに専念して少しでも長く選手を楽しみたいと思います。試合以外のイベントや講習会では、ダブルスを伝えたりプレーはしますが、自分が戦う場はシングルスでというだけですので、ご心配なく!!まずは、右肘を完治させて元気に練習が出来るように頑張ります。

それでは、また・・・・・。貴男


ジュニア達                (2018/02/20   10:38)

おはようございます!貴男です。

昨日は、REC上石神井にてジュニアのレッスンに参加してきました。すでに重要な大会も始まっているし、春には全日本ジュニアへの予選として東京ジュニア、そして関東ジュニアへと続きます。普段の取り組みとしては、勝つことだけを目指すのではなく、自分のプレーレベルを上げるために指導者に全てを頼るのではなく、試合を想定して自分で追い込んでいけるような習慣を身に付けることが大切です。

指導者は、そこにヒントを与えたり、効果的な練習とトレーニングのメニューを組みサポートすることが結果として試合で勝てれば素直に嬉しいです。そこに家族のサポートも重要であり、選手・指導者・家族という中での信頼が増せば、更に選手を成長させる環境になると思います。自分も微力ながらサポート出来ることは楽しいし、それによってTeam RECのジュニア達が充実した時間を送れることを期待しています。

さて右肘の具合ですが、順調に回復しています。ただ今週一杯は焦らず治療に専念し、来週になったら少しずつ練習を開始したいと思います。早稲田大学で行われるフューチャーズでの復帰を目標に全日本選手権以来の試合を楽しみにしています。

それでは、また・・・・。貴男

8/19サプライズが掲載されています。