メッセージ


恐怖感

投稿日時:2017/12/06 09:42


おはようございます!貴男です。

ヒートジャパンが終わって一段落し、自由に過ごさせてもらっています。エキシビションマッチとは言え、全日本以来の試合だったので肋骨に影響があるかと思ったのですが、特に問題ありませんでした。今は寒さもあるし、すぐに試合があるわけではないので焦る必要はありませんが、練習とトレーニングの中では少しずつ動きを大きくしていき、メンタル的な部分での恐怖感を取り払っていくことです。

怪我をしてから一ヶ月以上も経っているのに試合で打って痛かったショットが来ると「また痛めるんじゃないか?」「まだ痛いのではないか?」と脳が準備をしてしまうので、そこを変える努力をしています。この寒さでは、サーブやスマッシュを打って負荷を与えるよりはストロークポイントなどでフットワークと体力的な部分からアプローチし徐々に負荷を与えて、バンコクのキャンプに行ってからサーブで負荷を上げようと思います。

今週末に予定されているSEEDテニスクラブのスペシャルレッスンや札幌でのクリスマスクリニック(16日・17日)では、参加者の方々と充実した時間が送れるように準備をしておきます。

それでは、また・・・・。貴男