メッセージ


大阪より

投稿日時:2018/05/09 07:03


おはようございます!貴男です。

昨日のお昼過ぎの新幹線で大阪に移動し、夕食はカラバッシュテニスクラブの坂口さん兄弟とテニスアベニュー枚方の平井さんと美味しい「おでん」を頂きました。この4人が集まった理由は、7月15日と16日の連休にそれぞれのテニスクラブでイベントを計画中で打ち合わせを兼ねさせて頂きました。去年も同じ時期にイベントを開催しましたが、同じ時期に同じ内容では僕自信が楽しめないし、参加して頂くクラブの方々にとって、より魅力のある内容にしたいからです。

開催が7月中旬ということで暑さを考えたら内容はもちろんのことプレーする時間帯や何をメインテーマとしたイベントまたはクリニックなのかが重要だと思います。前日の14日も現在イベントを計画中なので、詳細が決まりましたらお知らせします。数少ない関西方面でのイベントになりますので、7月14日・15日・16日をお楽しみに!!

さてスペインのマドリードで開催されているATP1000マドリードマスターズでは、杉田がクレーコートを得意とするコールシュライバー(ドイツ)に敗れました。去年は、バルセロナでラッキールーザーから本戦入りしベスト8まで勝ち上がったことでテニスも気持ちも上向き、一気に勝ち始めたことを考えると今は我慢の時だと思います。

常にツアー最高峰で戦っている選手を相手にして環境こそ素晴らしいですが、誰と戦っても簡単に勝たせてくれる相手なんて一人もいません。特にクレーコートでは、ハードコートやグラスコートで戦えば有利に試合を運べる相手に対して劣勢なまま試合が進んでしまうことは当たり前で、ラリーに対して根気強さがなくてはゲームすら奪えない状況が出てきます。

クレーコートでは、勝つことだけではなく全仏オープン後のグラスコートシーズンだったり、ハードコートシーズンに入った時にクレーコートのお陰で以前より自分が成長しているなと感じるための期間だと考えるのはどうでしょうか?とテニスファンの独り言でした。

それでは、また・・・・・。貴男