メッセージ


1997年韓国戦・最終日

投稿日時:2020/04/10 11:16


おはようございます!貴男です。

4月になり気温の上昇と共に東京はもちろんのこと他の地域でもコロナウイルスの感染者数が増えています。緊急事態宣言が出た地域では、テニスクラブやスクールが5月6日まで閉鎖になっている所も多く、今は、テニスよりも感染者数を増やさないことが最優先ですね。

さてデ杯・韓国戦の最終日の模様をお伝えします。初日のシングルス4セットとダブルスの5セットによって、最終日の朝は、相当な筋肉痛と疲労度でした。初日が1-1となりダブルスを勝利して日本チームが王手をかけているとは言え、最後まで何が起こるか分からないのは、95年のフィリピン戦で思い知らされています。そんな中で始まった最終日の第1試合は松岡さんとYoonの戦いで、第2試合に出る予定の自分は控え室で音楽を聴いて待っていました。

勝っても負けても自分が戦うことをイメージして歓声で分からないように大きな音量で聞いていましたが、本心は、松岡さんが勝ってチームが勝つことを願っていました。もし松岡さんが負けて、自分が戦うとなると2-2という勝負のかかったシングルスになるわけだし、そこにはアウェーということに加えてLeeという「しぶといしぶとい」選手が待ち受けているからです。

マッサージベットの上で松岡さんとYoonが戦っているイメージをしながら、自分の試合のイメージもするという何とも言えない時間です。たまにスタッフが入ってきますが、寝ているふりをして何も話さず、とにかく終わるのを待ちました。正直言って音楽を聴いていたのもありますが、ほとんど歓声が聞こえなかったので、松岡さんが何事もなく試合を優位に進めてホームの韓国応援団が静まり返っていると思っていました。

すると2時間も経っていない頃に控え室のドアが開いて、松岡さんが戻ってきました。これは覚えている範囲ですが、僕に「ごめん・・・・」というような一言を発して入ってきたと記憶しています。その瞬間にYoonに負けたんだと初めて認識し、それから15分ほどで最後のシングルスを戦うという準備を始めました。今日で最後まで書こうと思っていましたが、書いているうちに長くなったので、最終戦の模様は、次回に!!

それでは、また・・・・・。貴男