メッセージ


ショット別で

投稿日時:2020/05/20 12:01


おはようございます!貴男です。

先週は、気温が一気に上がって暑かった東京ですが、今週は、20度を下回るほどの気温で肌寒く感じます。皆さんも体調管理には、十分に気を付けて過ごしてください。では、メッセージに質問を頂いていたので答えていきます。現段階で僕が思う各ショットに対しての最強説もしくは、好みの選手を挙げていきます。

あくまでも僕個人の見解であり対戦経験から感じたことや単純に好きな選手という部分も加味されているので、他にも彼らに劣らないレベルを持っている選手がいると思っています。なお今回は、フェデラー・ナダル・ジョコビッチの3選手は入れずに考えました。

サーブは、サンプラス(アメリカ)とクライチェック(オランダ)で、一人付け加えるならシュティッヒ(ドイツ)です。フォアハンドは、ゴンザレス(チリ)とデルポトロ(アルゼンチン)です。フォアハンドを得意とし武器としている選手は沢山いますが、この二人に絞りました。バックハンドは、両手であれば錦織・ナルバンディアン(アルゼンチン)・ヒューイット(オーストラリア)で、片手だとワウリンカ(スイス)・ピオリーン(フランス)ですが、そこに加えるならガスケ(フランス)とロブレド(スペイン)です。

最後ですが、ボレーという部分での判断ではなく、僕はネットプレー全体として選びたいと思います。エドバーグ(スウェーデン)・ラフター(オーストラリア)・パエス(インド)です。きっとここでパエス!?と思っている方がいると思うので説明させてもらいます。ダブルスのイメージが強いパエスですが、シングルスで対戦した時のネットプレーの駆け引きは本当に厄介でした。僕がネットプレーで勝負するタイプなので、彼のやりたいことが分かってしまうだけに「ハマってしまう」のです。

実際に一度も勝ったことがなく、デ杯やオリンピックなどの大きな舞台で普段以上の力を発揮するメンタルを持っていたのがパエスです。そして、なぜネットプレーという括りにしたかと言いますと、ボレーの技術に加えてスマッシュの守備範囲であったり、ネットに出るタイミングや動き・駆け引きなどトータル面で判断したかったのです。僕が思うのは、ボレーが上手いとネットプレーが上手いは別の問題であり、例え相手に抜かれても決められてもネットプレーが楽しいと感じることができるかです。

ちなみに僕は、サーブやリターン・アプローチなどを駆使してネットプレーで勝負した時に相手にパスやロブを抜かれると喜んでしまうことがあります。なので、そこからパスを抜くか!その駆け引きがあったか!と自分のプレーを更に引き出してくれる相手に出会うと嬉しいのです。ちょっと変わってると思われるかもしれませんが、ベースラインでのプレーを好む選手と心境や考え方が一緒ならネットプレーヤーとしてはやっていけないと思います。

それでは、また・・・・・。貴男