メッセージ


最後の勝利

投稿日時:2020/06/01 11:15


こんにちは!貴男です。

今日の東京は、朝から雨が降っていて夜まで続きそうです。少し気温が低いので、体調管理に気を付けて過ごしたいと思います。

さて最近は、以前よりもYouTubeを見ていると書きましたが、2009年の楽天オープンダブルス2回戦の鈴木・岩渕vsツォンガ・ワウリンカが出てきました。ツォンガはウイルソンのラケットを使っていて年度末で10位に入り、ワウリンカはヘッドのラケットを使っていた時ですから、二人とも若いです。この2009年で岩渕さんが引退することを発表していたので、僕が一緒にダブルスを組めるのは楽天オープンが最後でした。

この年は、雨の影響で日程が詰まってしまい、ダブルスの1回戦がナショナルトレーニングセンターに移動となり、無観客試合の中で行われました。僕としては、岩渕さんとの最後のダブルスが有明コロシアムとファンの前でプレー出来ないのは寂しいという思いが強く何としても勝ちたかったのです。その思いが通じたのもあって1回戦を勝つことが出来た時は、安堵したのはもちろん素直に嬉しかったです。

その2回戦ですが、当時の二人にシングルスで適わないのは仕方がないけど、地元ファンの声援と応援を背に相手のパワーを上手く封じ込めたダブルスが出来ればチャンスがあるとも思っていました。結果的には、6-3・4-6・10-8で勝利することが出来て、次の準決勝で僕らは負けたので、この試合が鈴木・岩渕組の最後の勝利となりました。

10ポイントタイブレークでは、2-0リードから2-5と逆転され、1ミニブレークとは言えかなり劣勢だったことは事実です。しかし、そこから自分のサーブで2ポイント・リターンで2ポイント・岩渕さんのサーブで2ポイントと6ポイント連取できたことで流れを引き戻しました。1ポイント返された後の8-6では、ツォンガの頭上をバックハンドスライスのロブで抜いて9-6とマッチポイントを掴んだものの、自分のサービスで2ポイント続けて落とすという大失態・・・・・。

9-8とリードしていますが、ツォンガのサーブなので、追い付かれてもおかしくありません。岩渕さんの強いフォアリターンが前衛に立っていたワウリンカのバックボレーに飛んでいき、その返球が僕の横を少しだけ高い軌道で通った瞬間は、手を出せなかったのか!?アウトと判断したのか!?は自分でも分かりません。

後ろを振り返って目で追ったボールがベースラインを超えたのを確認して、ガッツポーズでしゃがみ込みホッとしたのか涙が出たのは鮮明に覚えています。まさか最後の試合が9-6とリードして自分が得意でもあるサービスポイントを落として負けるのかと一瞬でも過りましたからね。あの場面でしっかりリターンを返してくれた岩渕さん流石です!!

それでは、また・・・・・。貴男