メッセージ


男子シングルス準決勝

投稿日時:2020/10/08 19:36


こんにちは!貴男です。

昨日は、夕方にホテルの周りを軽く散歩して、夕食を済ませてから早めに寝ました。1週間前にパリから日本に帰国し、またすぐにドイツということで時差的にどうなるか心配な部分もありましたが、飛行機でもしっかり寝れたし、夜中に何度か起きたものの朝まで寝れたので良かったです。今日から練習が出来ればベストだったのですが、検査を受けて結果を待たなければいけないので、会場に行けるのは明日になると思います。以前までは、現地に着いたらすぐに練習というのが当たり前だったのですが、これからは余分に一日かかりますし、結果が出るまで部屋から出てはいけないことになっているので、まさしく暇です(笑)

さて全仏オープンが順調に進み、男子シングルスのベスト4が揃いました。トップハーフからはジョコビッチとチチパスが勝ち上がり、ボトムハーフからはシュワルツマンとナダルが勝ち上がっています。特にシュワルツマンの頑張りは素晴らしく、全米オープンで優勝し、クレーコートでも強いティームを5セットの末に勝ち切った体力とメンタルは充実していると言えます。全仏オープンでナダルを倒すのは容易ではありませんが、前哨戦のローマで勝っているだけにチャンスがあると思う反半面、ナダルとしても戦い方をしっかり考えて挑んでくるのでいい準決勝になることを期待しています。

もう一つの準決勝は、チチパスが攻撃的に戦いながらどれだけミスを減らせるかが鍵になると思います。ジョコビッチは準々決勝で第1セットをカレーニョブスタに取られても焦らずゲームを組み立て、ストローク戦での力強さとボールコントロールは脅威でした。しかも相手にとって厄介なのが、バックハンドの強打と見せかけてのドロップショットです。試合の序盤ではボールに追い付きポイントを取れたとしても、試合が進むにつれて強打との見極めが難しくなり、体力を削られ判断力が鈍ってくるとボディーブローのように効いてくるのを分かってジョコビッチが打っているので、それに対してチチパスが我慢できるかも重要です。最終戦のATPファイナルに向けては、ジョコビッチ・ナダル・ティーム・メドベージェフ(フェデラーは欠場)が決まっているので、残り4枠のためにもチチパスとシュワルツマンにとって重要な試合になると思います。

それでは、また・・・・・。貴男