メッセージ


RECジュニアチーム

投稿日時:2020/12/11 12:15


こんにちは!貴男です。

昨日の夜は、RECジュニアチームの練習に参加してきました。11名のジュニアが来ていたので、全員でボレーの練習を約1時間ほどかけて行ってから、気温が下がってきたので、少しでも冷えないように待つ時間を少なくしてラリー練習やポイント練習に切り替えました。

先日のボレー対ストロークでも書きましたが、ラリーをする上でネットミスをしたくないあまりに、ボールの軌道を高くしてラリーをしようとするとボールが弾み過ぎて逆に難しくしてしまう傾向があります。軌道を高くすることでお互いに時間を作り過ぎると余計な動作と大きなラケットワーク(特にテイクバック)になってしまい、それもミスショットを生む要因になるのではないかなと思います。低い弾道で強くて速いボールばかりを打つ必要はありませんが、ボールの高さを安定させることは大事です。

ボールスピードを少し遅くしたい、アウトしたくないと思うと力加減を弱めることが一番だと考えてしまいますが、しっかり手元に力を入れてラケットが暴れないようにすることや相手のボールに負けてラケット面がグラグラしないようにするからこそ飛び過ぎないと考えてもいいと思います。上手くいかない時こそ、ボールがストリングに接触する(当たる)時間に毎回完璧な力加減をタイミング良く合わせようとするよりもしっかり指も手元にも力を入れて、フォロースルーをしましょう。このようなことを何度も繰り返しやっていくことで感覚というものが出てくると思うので、ぜひ試してみてください。

それでは、また・・・・・。貴男