最 新 ・ メッセージ

やっぱりサンプラス!!    (2020/12/01 10:24)

おはようございます!貴男です。

昨日は、風もなく穏やかな天気だったこともあり、久しぶりに早稲田大学のコートでテニスをさせて頂きました。前回が6月頃だったと記憶しているので本当に久しぶりでした。大学のリーグ戦が中止になりましたが、インカレが無事に終わりましたし、2月には、インカレインドアが予定されているそうです。

さてサーブについてですが、僕が一番好きなのは「サンプラス」です。一度だけ全豪オープンで練習をする機会に恵まれてゲーム練習が出来ましたが、あのサーブは反則です(笑)どんな場面でも雰囲気が変わらず同じフォームとトスから何種類ものサーブを打ち分ける技術を持っていて、何とかリターンを返しても素晴らしいネットプレーで決められる場面がほとんどでした。特にセカンドサーブの回転量が素晴らしく、力を込めてしっかり打っていかないとネットを超えないのでブロックリターンが使えなかったのを覚えています。

ファーストサーブは、もうギャンブルでサッカーのPK戦のような感じで先に動かないと取れないし、リターンでコースを狙っている余裕なんてありません。サーブにおいては、スピードを出せるに越したことはないですが、僕は回転量とコントロールが優先されるべきだと思いますし、それを考慮した上でスピードを出せるならいいと思います。サービスボックスに入らなければ意味がないし、何球も続けて打てる効率の良さと場面に関わらずぶれないフォームとメンタル面は必要です。サンプラスの他には、クライチェックやシュティッヒなどのビックサーバーが好きですが、ゴファンや西岡のようなシンプルで効率の良いフォームは好きです。

それでは、また・・・・・。貴男


やっぱりサーブ!!     (2020/11/30 09:42)

おはようございます!貴男です。

今朝は、かなり冷え込んで寒いですね。日中は、15℃以上になるような天気ですが、最低気温が低くなってきていますので、体調管理に気を付けて過ごしましょう!!

さて応援メッセージに頂いた質問ですが、僕はけっして一般的に言う「肩が強い」部類ではないと思います。サーブのスピードは、確かに210キロ前後を出すことも出来るし、サーブそのものはジュニアの頃から速かったと思います。それは、サーブの良い選手の真似をずっとしてきた結果であり、どうやって自分のサイズで世界を相手に対抗できるか!?をずっと研究してきたからだと思います。それは、グリップの握りから始まり体の使い方で色々と試し、1998年の夏前に始めた左足を動かす「ステップイン」もちょっとしたキッカケから生まれました。もちろん色々なトレーニングもしてきましたが、どうやって運動連鎖を上手く機能させるかをメインテーマとしています。

それはイベントやクリニックで何度も言っていますが、どれだけ少ない力で良いサーブを打つか・いかに楽にサーブを打つかが目指すところです。それは、スピードと回転量の両方を必要とし、回転は、無理にかけるものではなく勝手にかかる方がいいと思うので、グリップの握りとトスを上げたボールに対してどの角度でラケット面を入れて、ストリングのどの部分に当てて、どの方向に振り抜くなどを追及していくのが楽しいです。巷で言われるこれまでの常識に囚われず、正しい努力が絶対に必要ですので、YouTube動画のスターテニスアカデミーやイベント・クリニックなどで伝えていけたらと思います。

それでは、また・・・・。貴男



最新配信 11月29日18時


8/19サプライズが掲載されています。

皆さんからのメッセージお待ちしています