最 新 ・ メッセージ

雨・主戦場     (2016/07/26  17:56)

こんばんは!貴男です。

今日の東京は、午前中から雨の予報かと思いましたが、雨が降り出したのは13時頃でした。練習が午後からの予定だったので、早稲田大学のインドアコートで学生達と一緒に行いましたが、さすがに湿度が高くて体が重かったです。さて昨晩からトロントのマスターズが始まり、予選からの繰り上がりで本戦に出場していた杉田がディミトロフ(ブルガリア)にファーストセットを取って勝ちかけましたが、セカンドセットのタイブレークを取られファイナルセット4-6で負けてしまいました。

映像を見ていないので内容は分かりませんが、杉田が彼らのようなレベルと互角に戦えることにビックリはしません。それだけの経験をしてきているし、能力という意味では勝っても不思議ではないからです。ただ、このレベルの大会への良い意味での慣れだったり、挑戦する回数が増えて、ATPツアー250・500・1000を主戦場に出来れば練習から当たり前の戦いになり、自然にレベルも上がってくると思うので、引き続きツアーへの挑戦を期待しています。

それは杉田に限ったことではなく、ジュニアでもプロでも一般でもスクールでも一緒のことです。上のレベルの人やいつもより上のレッスンで良い刺激をもらうことで、自分の実力の確認や足りない部分や逆に長所も分かると思います。スクールなどでは、何か良いシステムで上のグループに入って、いつもと違う何かを感じれる場を作れるといいかもしれませんね。そうだ、考えてみよう!!

それでは、また・・・・・。貴男 

解説・週末のイベント     (2016/07/25  15:15)

こんにちは!貴男です。

今日の東京は、昨日の爽やかな晴れ間とは違い曇りの一日です。湿度は高いと思いますが、梅雨明けしていないせいもあり気温が高くないので、冷房がなくても大丈夫です。さて今朝の4時からの始まったワシントンATPツアー500の解説ですが、フランスのモンフィスがクロアチアのカルロビッチに5-7・7-6・6-4で勝利し、自身初のATP500のタイトルを手にしました。

今日からトロントのマスターズシリーズがあり、1週ほど空いてオリンピック・シンシナティのマスターズシリーズが2週連続で行われ、8月29日の週からは、全米オープンとメジャー大会が続いていることもあり、ワシントンのATP500には、例年よりもトップ選手がエントリーをしていない大会でした。しかし、先週ATP250で優勝した勢いを維持してビックサーバーのカルロビッチは2週連続で決勝に勝ち上がり、第2シードとして登場したモンフィスは、決勝戦こそ5-7・4-5まで勢いに押されセカンドセットのタイブレークでは、マッチポイントまで握られるという展開でしたが、ファイナルセットはカルロビッチがやや失速したところを捕まえてハードコートシーズンの幕開けで価値ある優勝を手にしたと思います。

カルロビッチは、37歳という年齢を感じさせない奮闘ぶりは画面を通しても伝わってきたし、サーブだけではなくボレーの技術とフォアハンドの破壊力は素晴らしかったです。と、こんな早朝でしたので、今日はゆっくりと体を休めて今週末のイベントに備えています。

去年もお世話になりましたが、ホテルジャパン日光にて29日から31日まで僕がデ杯に出場していた時のカリスマ監督(個人的な意見です)である神和住さんのイベントに招待して頂いています。天気は良さそうですが、何かあればインドアコートもありますし、それぞれのレベルと運動量に合わせて行える内容ですので、今年も楽しみにしています。

それでは、また・・・・。貴男 

 お 知 ら せ

🎾鈴木貴男プロテニスクリニック 香港🎾
全日程4日間の初日はレディースチームから。
普段のレッスンとはまったく違う視点からのアドバイスは、2時間でまるでビフォーアフターのように違うラリーが出来るようになっていました!

※4日間の写真・・・ギャラリーに掲載しました。